昔はクレジットカードの情報をどのように送ったのか

クレジットカードを使ってショップで買い物などをした場合、今はカードリーダーでクレジットカードに書き込まれている情報を読み取れば、それをカード会社に瞬時に送信することができます。

しかし、昔は送信するための回線がありませんでした。



では、どのようにしてカードでいくらの商品を購入したのかといった情報を送ったのでしょうか。



実は郵便を使うという、非常にアナログな方法が採られていました。



では、現在のようにリアルタイムで決済の承認がカード会社から下りなかった頃は、カードで買い物をした場合、いつ商品が手元に入ったのかというと、これは現在と同じく、カードを出した時点で持って帰ることができたのです。つまり、店はカードが有効なものなのか無効なものなのかわからない状態で商品を客に渡し、後日、売上伝票をカード会社に送っていたというわけです。
なので、なんらかの理由で無効になっているカードであっても、有効期限さえ問題なければ買い物はできたということになり、そういった点では今と違ってかなり店はリスクを負っていたということになるでしょう。


では、クレジットカード番号や名義人の名前などは、どのようにしてカード会社に送っていたのでしょうか。これは専用のプリンタを使っていました。

プリンタといっても、パソコンに接続するようなものではなく、カードを置いて専用の用紙をあてることで、カード表面のでこぼこにより、紙に複写されるという仕組みになっていました。

でこぼこはカード番号や名前のエンボスなので、店員がメモなどを取らなくても紙に写すことができたのです。