クレジットカードを申し込む際に必要な書類

クレジットカードを申し込むには、本人確認ができる書類が必須となります。


ショッピングの利用やキャッシングで、お金の立替をしたり、貸付をしたりするため、確実に身元を確認する必要があるのです。
運転免許証および、運転免許証を返納した場合は運転経歴証明書が、身分を証明する書類として最も適していると考えられます。



写真が付いているので、万が一トラブルがあった時には確認がしやすいことと、固有の免許証番号が付いていることから、様々な情報を得やすいことが挙げられます。

ない場合は、健康保険証やパスポート、住民票等の公的書類を利用できます。

クレジットカードの申込時に、現住所と引っ越しがあったため、証明書の住所が違う場合には、現住所の正当性を証明するために、公的料金の領収書や納税証明書等を添付する必要がありますので、事前に用意するように気をつけましょう。



クレジットカードにキャッシング枠を付ける場合には、収入証明書の追加提出が求められることもあります。



収入証明書とは、会社員であれば源泉徴収票や給与明細書、自営業やフリーランスであれば確定申告書等になるでしょう。一般的には、50万円を超えるキャッシング枠の希望や、他の借入やクレジットカードのキャッシングの利用額を合算して100万円を超えない限りは提出の必要がありません。

例外的に、締め日の翌々月が支払日となる場合は、金額に関係なく、キャッシング枠を希望するだけで、収入証明書が必要となるクレジットカードもありますので、カード会社に確認するといいでしょう。