クレジットカードのダブルカードって何ですか

ダブルカードとは、提携カードのひとつの形態です。
クレジットカード会社が団体と提携して発行するため提携先は、各種のサービス企画を提供します。
提携先のマーケティング戦略を主たる目的としてクレジットカードが発行されます。



クレジットカードの利用者は、提携先の独自のサービスや会員特典などが用意されているのでカード会社のサービスとダブルの恩典を受けることができますので歓迎されます。

提携先のメリットとしては、ポイントカードや会員証を独自に発行する際のコストを削減できることや顧客情報の提供をクレジット会社から得られることがあげられます。



ダイレクトメールも委託することができます。

日々膨大なデータを扱っている企業にとってショッピングによる購買データはさらなるサービスの向上や商品開発をするうえでなくてはならないものです。


売り上げの増加にもつながります。

クレジットカードを契約する際には、顧客と個別にカードの発行契約を結びます。

個人情報の取得・利用に関しても同意文言として含まれています。

企業にとってはこの点も大きなメリットとなっています。

データ蓄積、分析こそマーケット戦略の大きな要素として活用が急がれます。

最近は、多くの企業が複合的にダブルカードを発行しています。

流通系のカード、電鉄系カード、グループ戦略のメリットを生かしたカードなどますますサービス機能が複雑になっています。



銀行が発行するキャッシュカード一体型カードなど各種のカードが発行されています。

利用者は、使い方を考えて自分にあったクレジットカードを選ぶ必要があります。