クレジットカードは無職でも利用できるか

クレジットカードは代金を後払いにしているだけなので、利用には支払い能力が必要です。

そのため、無職で申し込むと審査に通りにくくなりますが、利用できるケースもあります。


申し込み書類には世帯年収を記入する欄もあるので、親や配偶者が十分な収入を得ていれば家族が支払うことを見込んで審査に通すことがあります。


1人暮らしの無職の場合、家族が支払う見込みがないので審査に通らなくなります。


このようなときの対策として、実際に仕事に就くことができていなくても、人材派遣会社などに登録だけしておけば職業欄に派遣社員として記載できます。
ただし、いくら職業欄が無職でなくなっていても、収入証明書を求められて提出できなければ収入がないと分かってしまうので通りません。



そのため、アルバイトなどで収入を得ていた方が良いでしょう。

クレジットカードを作った後に職を失ってしまうケースもあります。



これは申告しなければカード会社は分からないのでそのまま使えます。
申告した場合でも、今までに問題なく利用していれば使い続けられますが、限度額は下がる可能性があります。

なお、無職になったことを隠していたことに気付かれると規約違反で解約させられることがあるので注意しましょう。
なお、クレジットカードのキャッシングについては無職では本人名義で利用できません。



総量規制で年収の3分の1までしか借りることができないので、収入がないと1円も借りられません。


ただし、家族カードのキャッシングであれば本会員が支払いを行うので利用できます。