クレジットカードのメリット・デメリットとは?

近年ではクレジットカードのサービスも進化してきていることから、カードを持つ人が増えてきています。カードを持っていることで現金を持っていなくても商品・サービスを買うことができるため、現金を持ち運ばなくても良いというのが最大のメリットとなります。

また、クレジットカードの場合、万が一カードを無くしてしまっても盗難補償・紛失補償があるため、自分のお金はなくならないことも大きなメリットとなります。現金の場合、現金の入った財布を落としたり盗られたりすると、高い確率でその現金は戻ってこないため、このことはクレジットカードの大きなメリットとなっています。

盗難補償・紛失補償は年会費無料のカードにもついているため、安心して利用できるのも良い点です。



また、クレジットカードは、使えば使うほどポイントが貯まっていき、貯めたポイントで好きな商品を手に入れられたり、お得に買い物ができたりするのもメリットとなっています。



逆に、デメリットとしては、分割やリボ払いで必要以上にお金を取られてしまったり、現金のように使っていることが目に見えないものなので、使い過ぎてしまったり、必要以上のものを多く買ってしまったりしまう点が挙げられます。
また、ポイントを溜めたいからと言って不要なものを買ってしまったりすることもデメリットに繋がります。



クレジットカードを利用する際には、これらのメリット・デメリットを理解したうえで利用するようにしたいです。