クレジットカードを何枚も持つのはお得か

クレジットカードはとても便利な現代人なら必携のツールの一つですが、世の中には複数のクレジットカードを持ち歩くという人も少なからず存在しています。


1枚2枚程度であれば誰でも持ているものですが、常時10枚程度を持ち歩く習慣のある人もいるのです。実際のところその様な大量のカードを持ち歩くメリットはあるのでしょうか。

回答を先に言ってしまえば、日常的に複数のカードでお得に買い物をする機会があるのであればお得である場合もあると言えます。クレジットカードを利用することでお得を実感するには大きく分けて二つの方法がありますが、一つはポイント制度による実質キャッシュバックの仕組みです。

これを期待している人にとってはカードは招集限定で一極集中させるのが賢い使い方です。しかしながらカードを使って買い物をすることによる直接的な優待割引制度を期待している人にとってはわずかなポイントよりも大きなメリットを得られる可能性が高くなります。

そのため、意味を持って携帯しているのであれば複数のクレジットカードを持ち歩くことも無意味であるとは言い切れないのです。



しかしながらクレジットカードを沢山所有しているということは一般的に考えてリスクであると言えます。
紛失の可能性が高まりますし、全てを常に把握しておくことも難しくなると言えるでしょう。



なくしてしまっても気が付くのに時間がかかる場合もあります。

複数使用する場合には自分で把握、管理できる限界を見極めておくことがとても大切です。