クレジットカードを利用できるのは名義人だけ

クレジットカードを使うとき、家族だからと夫名義のカードを妻が利用したり、子どもが利用したりということがよくあります。


しかしこれらの利用はNG。
クレジットカードの使用は本人だけに限られています。もし夫の名義で契約したカードを他の家族が利用する場合は、家族カードを利用しましょう。家族カードは本人名義で契約したカードを家族用に複数枚発行するシステムです。

ここで注意したいのは、家族用にと1枚追加発行したからといって、家族の誰もが使えるというわけではありません。

家族カードにも名義が発生しますので、契約時に使う方の名前が必要です。



家族カードでも名義の方意外が利用すると、規約違反になりますので注意しましょう。
家族カードの使い回しは、盗難や紛失の補償外になります。


家族カードを発行できるのは18歳以上と年齢のしばりがあります。
高校生は不可でこの辺は通常のクレジットカードの申込みと同じです。



発行基準はカード会社によって異なります。

同居の家族のみの場合や、親等で決められている場合などさまざま。

家族カードを利用する場合は、事前に規約を確認したり、直接カード会社に確認しておきましょう。


カードの利用で特に気をつけなければいけないのが、他人への貸与です。

他人にカードをと思われるかもしれませんが、恋人同士や親しい友人の間で意外に多いトラブル。



本人名義のカードも家族カードも、他人への貸与も補償の適用外ですので、気をつけてください。